上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
えーんっ!またリーダーからブログ催促の電話がかかってきたよーーーっ!

ああっ、落ち着いて〇〇ニーもできない。

ああっ、ブログを書くのは時間がかかるんだーっ!

短くていいと言いながらも短いと文句を言うっ!

しかし考えてみると私は毎日書かなければいけないブログ係でありながらぜんぜん毎日書いていないからぜんぜん自分の役割を果たしていない。

何と言う無責任な男であろうかっ!

私ならそんなに無責任な男がいたなら即刻クビにするのだがっ!

(えーんっ!なかなかクビにならないよーっ!)

それに比べてヒゲなどは一年間、どんなに出張して絶対ブログが書けないような状況下におかれようとも、(例えば高層ホテルで宿泊すればパソコンがある隣の他人の部屋にミッションインポシブルみたいに窓づたいに潜入して意地でもブログを書く)高熱を出し意識朦朧となりうなされていようとも(貞子のように這ってでもパソコンの前にたどり着いて意地でもブログを書く)毎日書いていたのだから恐ろしい奴だ。

与えられたおのが任務を愚直に命懸けで意地でも遂行っ!

考えてみるとヒゲは責任感のかたまりのような男だ。

任務の重い軽いは彼にとって重要ではない。

一時代前のモーレツ社員を彷彿とさせる。

そんなヒゲがたまにつぶやく。

「はぁっ。(ため息)俺って、いい加減な男だなぁっ。」

なんという恐ろしい奴だっ!

絶対敵にまわしたくない男であるっ!

おとといの夜はDr6の練習であったがヒゲは声が思うようにでない。

町内の祭りで「きやり」を歌い続け喉にダメージを受けたのだ。

話しを聞くと二日間、長老と二人だけで、きやり百件組み手をしたそうだ。

長老が高齢のため途中で血へどをはいてリタイア、ヒゲはモーレツ社員だから一人で大声を張り上げ歌い続けた。

「破れふんどしーしわしわ〇〇たま…」

炎天下の中、喉はとっくに限界を超えているのに…倒れては立ち上がり倒れては立ち上がるり…まるでロッキーみたいな奴だ。

声がでないといいながらもバンド練習で二時間ぶっ通しで歌い続ける。

(本当に恐ろしい奴だ。)

そのバンド練習であったが、わんことハセピョンが来なかった。

わんこの欠席の理由が気分的に練習行く気分じゃなかったから来なかったそうだ。

ほーっ。わんこも偉くなったものだ。

キーボードがいないとバンド練習に非常に差し障りがある。

特に私のコーラスの声などはキーボードがあると掻き消され良く聞こえないのであるがキーボードがないと声が良く聞こえるからいつものように口ぱく、適当鼻歌では曲の練習をやってこなかったのが他のみんなにばれてしまいはなはだ遺憾である。

このように諸先輩方に多大なる迷惑をかけているのにわんこはまるで自覚がない。

バンド練習すっぽかし直前にわんこから私にメールが送られてきた。

一部抜粋して公開しよう。

「私の愛液、ぜんぜんおしっこくさくないよ。甘~い密の味がするよ。ほんとだよっ!ほんとにほんとだってばっ!」

なんという脳天気っ!

メールの文面からはバンド練習をすっぽかしたという罪悪感は微塵も感じられないっ!

ヒゲなどは「わんこがいない方がかえっていいんじゃない」と言っていたからこれから一波乱ありそうである。(楽しみっ!)

しかしバンド練習にわんことハセピョンがいないだけでガラリと雰囲気が変わる。

なんか練習が殺伐としてきて神経がピリピリしてきて心が休まらないのである。

私はなぜなんだろう?と練習中しばらく考えていたが、私なりに答えを導き出した。

わんことハセピョン、この二人、実はお互い密に連絡を取り合っている。

気心が知れたもの同士っ。

私はバンド練習していても私を含め他の皆さんは人間に見えるのにこの二人はどうしても人間に思えなかった。

二人は人間というより動物に近い。

例えて言うならわんこは犬、ハセピョンはごまあざらしに近い。

そう、そうなのである。他のバンドメンバーはこの二人によって癒されていたのである。
いわゆる、ペットヒーリングである。

練習は厳しく真剣になればなるほど、ともすれば自分の我を通そうとお互い激しく衝突しあい人間関係がこじれてくる。

それにより、バンドとして継続困難になり上手くなるまえに解散してしまうのである。

バンドDr6は実は知らず知らずのうちにペットヒーリング効果により、すでに解散の危機を乗り越え、それぞれが予想到達難度をはるかに超えたテクニックを持つバンドに成長していたのである。

ああっ、私が練習中上手く歌えるかどうか不安でマイクを握って立っていると、私の足元にハセピョンがあぐらをかいてちょこんと座っている。

ああっ、愛くるしいっ!熊さんの縫いぐるみみたいだ。

そうかと思えば、今度は腹ばいになり床の上に平伏してまぶたを閉じて居眠りしている。
ああっ、ごまちゃんみたいだっ。

わんこはといえば、リーダーに服従(したが)い、バンド練習に身を入れているなと思えば、いきなり心は上の空、バンド練習から脱線し好き勝手なことをし始める。

まるでご主人様と散歩中の犬みたいだ。

犬を連れて散歩すると、犬は主人のそばばかりくっついて歩くのは退屈でたまらないから、何かを見つけるとさっと駆け出して身に行く。

それでも、主人がどこにいるのかいつも気にかけて、見失わないようにし、ときおりは寄ってくる。

着かず離れず不即不離っ!

ああっ、実はわんこが私の理想とする最も調和のとれた人間なのかもしれない。


久しぶりに長く書いた。

(えーんっ!〇〇ニー3回分の時間っ、ブログ書くのに使っちゃったよーっ!)
スポンサーサイト
2012.08.31 / Top↑
いまねぎの収穫、出荷をずーっとしている。

だっけ、はねだねぎどーせべぢゃっかんけうぢこいば、ただみばわーいだげでふつーにかれるうりもんならねよーなねぎただでくれっつぉー

2012.08.28 / Top↑
ああっ、今日も暑かった。

暑かったが我慢して炎天下の中仕事をしてたら暑くて頭が変になった。

頭が変になって(自分自身の目玉で自分の後ろ頭が見たい。)という強迫観念がむくむくと沸いて来て(なぜだーっ!なぜ見れないんだーっ!)としばらくの間、絶望感に襲われ悶絶した。

自分の目で後頭部を見ることが不可能であるということが、猛烈に赦せなくなり自分の手で目玉を取り出して後ろ頭に持って行きたい衝動に駆られた。

パニック障害の一症状である。


さて話しはかわるがDr6が本格的に練習を再開して私の知らないジャーニー、バンヘイレン、ガンズ&ローズィズなどの新しいカバー課題曲がたくさん増えたので、曲を覚えるためパソコンがまるでわからない私はベースのデリーポルチオに私のウォークマンに課題曲を入れてくれと頼んだ。

そのさい、なんでもいいからついでにポルチオの好きな曲も入れてくれと言った。

さっそく、出来上がったウォークマンを聴いてみたら曲がいっぱい入っていたのだが、肝心なバンヘイレンなどの課題曲があまり入ってなかった。

そのかわり絢香などの女性アーティスト達の軟弱な曲が入っていた。

ああっ、五泉のロック界の第一人者っ!バリバリ硬派なあにきっ!大御所ギタリストっ!のポルチオが真夜中、絢香の曲を聴いて部屋の窓を開け、星空を見上げ、目に涙を浮かべていたとはっ!

なっ、情けないっ!

あってはならないことであるっ!

ああっ、ポルチオよっ!

なんたることだっ!

どんどんすたれていくロック及びバンドの活性化のために今年創設されるはずの五泉市ロックの殿堂入りの第一号者に予定されていたのにっ!

さっそく審議委員会を開き、第一号ライセンス剥脱っ!

よって第一号は繰り上げ当選でハセピョンに決定だーっ!

受賞理由はギネス認定年間個人ロックギター購入額世界一達成っ!

あーーーっ!

ハセピョンは水原人だったーっ!

よって対象外だーっ!

残念っ!



今日の新妻わんこ


お盆に夫の家族にたいしての嫁のつとめをはたさず、橋田壽賀子ドラマ状態に突入っ!

ああっ、わんこよーっ!

当然の成り行きじゃーっ!

そういえば確か、お盆は大事なお盆行事をすっぽかしてDr6焼肉屋ツアーに参加して生ビールをぐいぐいあおりながら、聞いてもいないのに「私の愛液おいしいよっ。膝まで垂れてきて手ですくって舐めると蜂蜜の味がするのーっ!」とか言ってたなぁ?

この大馬鹿ものがーっ!

何が愛液じゃーっ!

淫汁だぁ、いんじるーっ!

しわらくっせいんじるじゃーっ!

日本語は正しく使えぇーっ!

そういえばハセピョンもしょんべのことを聖水とかわけのわからないことを言いながらカルビ食ってたなぁ?

おまえはクリスチャンかぁーっ?

「聖水顔にかけてーっ」とか言ってたなぁ?

おまえは洗礼するのかぁーっ?

ああっ、そういえば博士は〇水を〇〇に〇〇られながら〇ん〇を〇〇〇のが夢だとか言ってたなぁ。

そんなことを言ってたらリーダーが医学的に〇水プレーを説明していたなぁ。

ああっ、とてもためになった。


2012.08.26 / Top↑
お盆を過ぎたら夏も終わりというイメージだが実際はお盆を過ぎてから九月まで30℃以上の日々が続く。

私の40代最後の夏も終わろうとしている。

この夏もいろんなことがあった。

いろんなことがあったが一番やったことは外は暑いからエアコン、扇風機の部屋で何もしないでぐだーっとしていたことだ。

ああっ、極楽極楽っ!
2012.08.20 / Top↑
いままでブログを書かなかったのは、ブログの画面が変わってログインの画面が消えて、ログインのやり方がわからず、ブログを書こうにもページが開けず書けなかったからだ。

その間リーダーが「師匠何してるんですかぁ?はよブログ書いてくださいよぉっ!」と何回も催促電話してきた。

だが私はこれはきっと

(もうお前の役目は十分果たした。三日坊主のお前がよくがんばったねっ。偉いぞーっ!いままでほんとーにご苦労さんっ。これからはゆっくり休んでいいよっ!もうブログを書かなくてもいいよ。)

という神様からの啓示だと思い

(ああっ、やっと私の役割も終わったんだぁ)

とこの長かった一年半のブログ執筆生活を顧みて一抹の寂しさを覚えながらも、重圧からの解放に喜びを感じ、複雑な思いを入り混じらせながら感慨〇〇ナニーに耽っていたら、いきなりリーダーが許可なく人の家にずかずかと土足で踏み込んできて、いきなり許可なく〇んずり中の人の部屋に押し込んできて、「師匠っ!お盆何してましたぁー?お墓参りいきましたかぁーっ!」と一応前置きしながらも、いきなり許可なく人の携帯をさっと取り上げさっさっさっといじくり「師匠これでまたブログ書けますよぉっ!よかったですねーっ!」とログインできるようにセットしてさっさと部屋を出て行った。

そのあまりの一瞬の出来事に唖然となり放心状態に陥っていた私が、ふと我にかえってみると部屋のテレビ画面はループカムショット環境映像を映し出しておりベッドのシーツの上にはカムショット環境本がところ狭しと散りばめられておりその真ん中で私は右手は〇首左手は〇んがを握りしめ〇〇ルに〇〇〇〇したままベッドに横たわっていた。

(ああっ、そういえばブログ終了記念ご褒美に神オナしてたんだっけっ!)


ああっ、それにしても…神の啓示をも平然と無視し、しかもそれをくつがえすとは…


神をも恐れぬ所業、まるで悪魔のような男である。
2012.08.16 / Top↑
今日のお昼頃、里芋畑で除草剤をまいていたら、いきなり新潟方面の空が暗くなり始めた。

尋常な暗さではない。
初めて見る暗さだ。

(やったー!ついに待望の雨が降るぞ!)

と思っていたら、間もなく降り出した。

ところが、体にかたいものが当たった。

ひょうではないかっ。
そしていきなり雨が降り出した。

私は軽トラに乗り込んだ。

だんだんと大降りになり強風も吹き出した。
ひょう、豪雨、暴風、先ほどまで風のない炎天下だった空がいままで私の人生で体験したことのない嵐に一変した。

目の前の光景が信じられない。

時間にして10分間、いままでB級ファーマーである私の人生でも最高のできの里芋が見る見る破壊されていく。

破壊と書いたがこの場合破壊という言葉がもっともふさわしい。

まるで隕石(ミディアシャワー)が空から落ちるようにひょうが里芋の葉っぱを貫通して無数の穴を開けてゆく。

そのうちに穴だらけになった葉っぱが結局は跡形もなく消滅してゆく。

里芋の茎が次々と折れてゆく。

ああっ、壊滅的な打撃だ。

こんなことはいままでの台風でもおきたことがない。

本当にこの光景はいままで体験したことも見たこともない。

我が目が信じられない。

台風通過の一日分のエネルギーを遥かに越える暴風雨エネルギーをわずか10分で消費する。

結局私の最高の里芋畑は破壊された。

興味のある人は見にいくとよい。

巣本側の下条大橋のたもと、下条側から橋を渡ったら左手に広い里芋畑が見える。

葉っぱがほとんどなくなりボロボロのスダレ状態だ。

面積にして55アール、去年の損害を取り戻そうと手間隙かけた私の主力中の主力の畑であった。

本当に30分前までは私にしては最高のできであった。

空も何事もなかったようにまた強い日差しの青空に戻っている。

まるで悪夢を見ているようだ。

これからその葉っぱによる光合成で芋ができてゆくのに、芋が作られる前に肝心の葉っぱが無くなってしまった。

去年の川の氾濫に続いてまたしても多分五泉で一番の被害者であろう。

悪い予感がしていたのだ。

去年と同じように、またゲリラ豪雨になるのではないかと思い提外には里芋、ねぎをつくらなかった。

梅雨も終わってほっとひと安心っ。

万全であったはずだ。
あと危惧するのは平均的にこれから2、3回やって来る台風だけであったはずだ。

台風も週間天気予報では来る様子もなかったからをお盆を過ぎてから台風が来て里芋がやられても芋はある程度大きくなるからそれほど被害は受けないから、もう去年の二の舞はないはずであると思っていた。

だが心の片隅には(このまま順調にいくはずがない)といったような一抹の不安感があり、なぜか胸騒ぎがしていた。

しかし、この嵐は強引である。

自然現象では起きてはならぬほど、強引に発生した。

しかも、ひょうの被害もピンポイントで的確は私の畑を捕らえている。

被害のない畑はまるで被害がない。

雨の量も風の速度も自然界で発生してはいけない範囲を超えていた。

あきらかに自然以外の何物かによって、加速されている。

あきらかに自然は自然以外の何物かと結託して私をいじめているとしか思えない。

また、この嵐が、稲や他の作物にどのような悪影響を与えたのか今のところまだわからない。

数日後に形になって現れるであろう。

ああっ、去年に続いての大損害で、どんどん貧乏になっていく。

もう借金だけはしたくない。

今の農業の現状では、かえせる見込みがまったくない。

ショックでしばらく寝こんで夜起きて、気晴らしにレンタルビデオ屋に行った。

貧乏なのになぜとお思いであろうが、焼け食いならぬ焼け借りである。

当てもなく店内を、借りるビデオを抜き取りながらふらふらと歩く、一周、二周、三周。

しかし前から借りたかったがいつもレンタル中の環境映像ビデオがまたレンタル中になっていた。

私はそのレンタル中のビデオの入ってないパッケージを手に取り裏返しにして見る。

(ああっ、またレンタル中かぁっ、一体いつになったら借りれるのだろう?)

壊滅的な打撃を受けた里芋ショックで茫然となった私はレンタル中のビデオがひょっとしたら戻ってくるかもしれないと思い、しばらく環境映像コーナーをふらふらしていた。

気づいたらレンタルしようと抜き取って手に持っていた環境映像ビデオは10本くらいになっていた。

(ああっ、やっぱり借りたいレンタル中のビデオ、帰って来ないなっ。しょうがない。もう行くかっ!)

私はあきらめて手にした10本のレンタルビデオをカウンターに持って行った。

そして、そのとき気づいた。

ひょっとしたら戻ってくるかなぁと思いながら、いままで店内をぶらついてしばらく待っていた前から借りようと思っていたレンタル中のビデオが、その中に入っていた。

(ああっ、そういえば一番最初に抜き取っていたんだっけ。…ああっ、ついにここまでボケたか。…でもラッキーっ!)

そしていま、その環境映像を流しながらこのブログを書いている。

(ああっ、またパッケージに騙された。ああっ、またはずした…)


ああっ、何がああっおいしいだっ!


2012.08.06 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。