上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週末、新潟にある魚食い放題の店にみんなでハセピョンの車に乗って行ってきた。

ひげの長期休業でバンドDr6は事実上活動停止状態となった。

ひげ以外のメンバーは魚を食べに行った。

魚に限らず使われた食材はどれも新鮮でとても美味しかった。

次から次へと料理が運ばれ、お腹が魚でいっぱいになった。

私はどのくらいの量を飲み食いするのか調べるため家から出る前に体重を計った。

帰ってきてからはかると約3キロ増えていた。

わりとたいしたことないなあ。

そこで初めて知ったことがある。

リーダーと博士はお医者さんだが、バイキングのときにはいくつかの薬を飲むのだそうだ。

いくら飲んでも悪酔い二日酔いしない薬、いくら食べても腹が痛くならない薬、成人病で食事制限しなければいけないのにいくらでも食べれて健康でいられる薬などなど…、

いつどこにいくにしても、何をやるにしてもあらゆる用途に対応した薬を常に持ち歩いているそうだ。


帰り道、ギターがあるからと黒崎であるUSED店に立ち寄った。

私はお菓子とかレンタルビデオにしか金を使わず興味がないからすぐに店を出て車の中で待っていた。

博士がなかなか戻ってこない。

中にいろんな人形があったからだ。

ようやくニコニコしながらビニール袋を抱えて戻ってきた。

仮面ライダーだ。

衝動買いだ。

一万円なりっ!

普通は同じ物を三体買うが(保存用、飾り用、遊び用)一体しかなかったからそれは保存用となり箱から開封されないまま広い家の2階の50坪はあるだろうと思われるおもちゃで足の踏み場もないフィギュア部屋にコレクションの一つとして保管されるそうだ。


帰り道、車の中でリーダーは例によってしつこくハセピョンに尋問した。

リーダー「ハセピョン、ホモでしょ?」

ハセピョン「違います。」

同じ質問を後部座席から浴びせ続ける。

そしてついに衝撃の事実が明かになった。

「ハセピョン、ホモでしょ?」

「違います。」

黒崎から延々と同じ尋問を繰り返し新関あたりの土手道を走っていたとき…。

リーダーがハセピョンのゲイパートナーではないのかと疑いを持たれているポルチオに尋ねた。

リーダー「〇〇さん、ホモでしょ?」

ポルチオはきっぱりと否定した。

「100%ホモじゃありません!」

その瞬間、ハセピョンの運転する車がなんでもないカーブを曲がりそこね土手から落ちそうになった!

ポルチオがホモ疑惑をきっぱり否定したことにかなり動揺したのであろう!

リーダーは言った。

「ハセピョンはやっぱりホモじゃーっ!嘘発見機みたいに動揺したぞーっ!」

これによりハセピョンは間違いなくホモであると確定した。

私は思った。

(ああっ、リーダーは酷いっ!なぜ人間としての尊厳を尊重してそっとしておいてあげないんだ。ホモのどこがいけないんだっ!人を馬鹿にして楽しいのかっ!)


車も五泉に入りそれぞれの家に順番に降ろしていった。

最後に私とポルチオが残りこのまま順当にいけば(次はポルチオの家かぁ)と思ってたら、ハセピョンがなんと次は私の家に行くと言い出した。

(何てことだっ!ポルチオの家の前をスルーして3キロも離れている私の家に先に行ってまたポルチオの家に戻ってくるのかっ!)

私の全身に戦慄が走った!

(何てことだっ!すっかり騙されてたっ!ポルチオはホモだっ!二人はゲイパートナーだっ!)

前々から疑ってはいたがはっきりとした確証は持てなかった。がっ、やはり二人は付き合っていたのだ。

おうぇーっ!おうぇーっ!おうぇーーーっ!(嘔吐)

気持ち悪りーい(=_=Ⅲ

おうぇーっおうぇーっおうぇーっおうぇーっ!(嘔吐)…

2012.10.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://niceguytaka.blog24.fc2.com/tb.php/280-64600e30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。