上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日は一日天気が悪かったから一日部屋にとじ込もり、金たまでカチカチクラッカーして遊んでたよ。


さて 万を辞ょしてバンドDr6が一年半ぶりに人前に出て演奏するよ。

日時は5月12日夜8時頃 場所は新潟古町の ? ? ? 忘れちゃったーーーっ!!

チケット代は1200円くらいっ?

演奏曲目はすべてヴァン・ヘイレンっ!

新潟で唯一のヴァン・ヘイレントリビュートバンドだあーっ!

ヴァン・ヘイレンフリークには一見の価値ありっ!!

これを見逃したら次のバンドDr6はいつやるかわからないよっ!

なお この時期は田植え里芋植え春ネギ収穫の最盛期なので俺はでれないよっ!

ワンコもいま、女優業にのめり込み過ぎ、悲しいかな本当のきちがいになり病気療養中ででれないよっ!

だからバンドとしては本格的なヴァン・ヘイレンライブ仕様モードだっ!

みんなーっ!見に来てねーっ!



今日のリハビリワンコ

ああっ、悲しいかなワンコはいま自分のことを美人敏腕音楽プロデューサーだと本気でおもっている。

リハブで病気療養中なのであるが、恐らくいてもたってもいられないのであろう、ワンコはたまにバンドDr6の練習にふらっと現れプロデューサーとしてバンドメンバーに上から目線でいろいろとアドバイスをする。

自分より一回りも年上のバンドメンバーをまるで自分のできの悪い教え子を諭すように演奏がまるでなっていないとメンバー各自にため口でダメ出しするのであるが、そんなワンコのまなこは虚ろで、過剰投薬のせいなのであろうか、魂の脱け殻のようでありまるで生気がない。


ああっ、あの元気はつらつとした足らずのワンコはどこにいってしまったのであろうかっ!

あまりの変わりようにメンバー一同絶句

いつものように馬鹿にする言葉も出ない。

本当の馬鹿のことは馬鹿にできないとあらためて知る。

あまりの気の毒さにバンドメンバーは互いに目配せし口裏を合わせ「先生っ!未熟者の私達に貴重なアドバイスっありがとうございましたっ!これからもご指導ご鞭撻よろしくお願いしますっ!」 と皆一列に並び直立不動でお辞儀をする。

本物のきちがいと対峙するとどのように応対してよいかわからず、自然とバンドメンバーのほうが敬語になるのである。

そうすると、ワンコは生気がないながらも背もたれ椅子の上で腕組みをし目を閉じ天井を仰ぎ見たあと、ふむふむと首を二重あごになるくらい胸に押し付け辣腕プロデューサーとしての自分の役目は果たしたと至極ご満悦な表情を浮かべる。

そんなワンコをリーダーの通報で施設からやって来てさきほどからドアの向こうで待機していた二人の係員が頃合いを見図り部屋に侵入、後ろから慣れた手つきでワンコの腕をさっと取り椅子から引き上げた。

ワンコは嫌がる素振りを見せない。

恐ららく二人のことを口うるさいマネージャーとお抱え運転手か何かだとでも思っているのであろう。



「じゃあたしこれで帰るから、しっかり練習しといてよっ。」

生気のないワンコはそのまま係員に両腕をとられ、おぼつかない足取りで部屋をあとにした。

ああっメンバー一同、ものすごい緊張感からやっと解放されほっとする。


ああっワンコよっ!


さようならっ!




2013.04.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://niceguytaka.blog24.fc2.com/tb.php/321-cf5252ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。